確かなことは数字だけ?sdカード8ギガ、class10で390円って?

   

私が絡むことが多い住宅業界、編集業界、web業界は業種的な事情か、男が多いせいか、寸法、容量、処理速度、測定値、解像度、性能値、金利やらなんやらかんやらで数字的なことを大層重んじるというか、会話の軸、物事の判断基準が数字という人、スペック比較萌え的な人が他業種より多いような気がします。気がするだけで調査して分析して数字に落としこんではいませんが。農業とかでも発芽率とか積算温度とか数字はいっぱいありそうかも。

私も、どちらかというと、雰囲気や目分量とか、可愛いとか愛情たっぷりみたいなよくわからんものより、スペックや基準値、参加人数など数字的なことを原稿に落としこんだらちょっと安心したり、電化製品購入時にスペックを見比べて決めたりするタイプかもしれません。でもあまりに数字やスペックオタクみたいな人には、それだけじゃないだろ、どこまでいけば満足なの?的な思いもありましてあんまり数字とかに没入できません。

で本題です。このSDカード。カメラ用に買いました。8ギガ、class10で390円です。こんだけ容量あればスロット二つあるし二枚買ったから充分撮りまくれるし、class10あれば充分速いんだろうと判断しました。何より390円って安くないですか?これならこのまま人に渡して帰ってこなくてもまあ良いかなって思うし。SDカードって安くしやすい製品なんですかね。結構重宝してます(588字)

栗原
北海道・札幌の編集者・ライター栗原です。紙やwebなど様々な媒体で取材・撮影・記事を制作しています。栗原のプロフィール facebook  twitter  mail  札幌良い住宅jp iezoom(いえズーム)

 - モノ系, 小ネタ, ライター・編集・ブロガー