『食える子を育てる』 先の見えない未来。どんな子育てをすべきか

   

週刊東洋経済の特集タイトル『食える子を育てる』。
ぐっときて思わず手に取りました。
経済やテクノロジーが仕事や生活をぐいぐい変える現代。
私の世代ですら変化を受け入れなきゃ生きていけません。

わが子が大人になる頃、社会や仕事は、
今、私の世代が想像なんか到底できないものになっていると思う。
じゃあ旧世代のいろいろが染み付いている私達親は、
なんかできることあるんですか、と。
そんな時にこの特集。

ちなみに内容は従来型教育も必要とはいえ、
今までと時代が違うから、
平均的な大人を目指すより、特殊な、
ある意味常識外れな才能を引き出す子育てをした方が、
飯が食える。
使い道のある大人になるぞ、的な話とかでした。

空気を読む適応型人間は小さなコミュニティに馴染めるかもしらんが、
ネット社会ではぶっとんだやつでも仲間は見つかるし
活躍のみちがあるから、どんどこマニアックになってよしと。

断片しか書きませんでしたので、気になる方はご購入を。
なお週刊誌の特集なんて、売るためのテクニックに過ぎない面もあり、
徹底的にやってはいないので答は書いていません。
期待し過ぎず参考程度にして、答は自分で考えましょう。

栗原
北海道・札幌の編集者・ライター栗原です。紙やwebなど様々な媒体で取材・撮影・記事を制作しています。栗原のプロフィール facebook  twitter  mail  札幌良い住宅jp

 - 子育て, 小ネタ,