facebookでポケモンgo批判を炸裂させるオヤジ世代。感情を書き殴ってもたぶん空しいよ。

   

人はやっぱりとっさの感情にかなり左右されると思う。

例の件では
プレイ中の姿を「キモイ」と思った人は批判側に。
ポケモンが可愛くて嬉しくてという人は参加側に。
それに基づいて自分の正当性と理屈はいかようにも組み立て可能だと思う。

歩きスマホや私有地侵入などルール違反等への批判や規制は一理あると思う。しっかり対策すべきだと思う。また熱中しすぎて周囲に迷惑を掛けている人、自分の行動を改めるべきだと思います。
その一方でルールを守って静かに楽しむ人も含めてまとめて厳しい言葉で断罪する必要があったのか、そんなに緊急案件だったのか?とも個人的には思います。

まずポケモン世代かどうかによって受け止め方がかなり違う。そして1人で楽しんでいる人と、親しい人と一緒に楽しんでいる人とではまた楽しみ方がかなり違うと思う。仲間とやるときはカネを賭けた麻雀でも、身体に負担をかける酒であってもコミュニケーションツールとしての価値が出てくる。

ちなみに私はかなり極端な昆虫少年でしたが、ファミコンも大好きでした。いずれも勉強には悪影響を及ぼしましたが、昆虫とふれ合った経験も自然大好きになり、命の大切さも学べたので、将来に多少は活きましたし、ゲームでパソコンなどへの抵抗感がなくなったり、転校生でも友達と親しくなれた経験などは今に活きていると思います。ポケモンするより虫取りしろ!的な批判は、とっさには「そうかも?」と思いますが子どもは難なく両立するどころか、合わせて楽しめると思います。

またfacebookでは批判的な人の方が多いようですが、twitterなどでは想像の斜め上を行くような面白い楽しみ方、話題が出ています。もし、本気でポケモンgo利用者を減らすべきだと信念を持って発言をしたいのならfacebookで発言しても対象年齢の人が少ないので効果が薄いのでは無いかと・・・。

ここ数日は「オレやってみたけど飽きた」発言が増加中。
この先はルールを守って楽しむ派と無関心派が増えるかと。
そしてまた別の関心事が世間を賑わすんだろうと・・・。
ゲームって普通数週間で飽きるのであって、それが普通。飽きやすいからダメだという声は意味不明に感じます。こんだけ世界的に騒がれてダウンロードされたら、たとえ飽きる人が激増しても十分に成功でしょう。

またダイエットしたいおじさんにとっては、味気ないウォーキングに多少なりとも刺激と目標を与える、万歩計がわりには多少なるかと思います。またせっかくなら家族を誘うべきかと。一緒にポケモン探しにいくと、ポケモン以外にも何か得るものがあると思いますよ・・・

またこの問題に限らず、一言だけ毒づいてみたいと思ったとしても、しばらく様子を見る思慮深さ、snsでは大事かも?。だって、snsで自分がそう思ったという結論だけ、強い言葉で発したところで、意見の異なる相手を共感させたり納得させるなんてほぼ無理だと思うから。もっと主張するならしっかりそう思うに至った深い理由を、そうではない気持ちの人にも伝わるように、批判から始まるのでは無く心に響くように書ければ多少は効果もあるかなと思います。

思ったことを思った瞬間に強い言葉で書いても、自分と同じ気分の人の賛同はたくさんくるでしょう。でもそうで無い側の人は、コメント欄に異論を書いたところでどうせわかってもらえないと思うし、めんどくさくなるなと思って書かない。結局、自分と違う側の人の気持ちを変えたり理解しあうことはほとんど無いので書いた甲斐もない、空しい結果になると個人的には思います。
この件に限らずsnsで意見が分かれるような時は、いつもそんな風に思っています。私も、どうせ書くなら、もっと読んでくれる人の心に伝わるように丁寧に敬意を持って書ければいいなと思っています。

栗原
北海道・札幌の編集者・ライター栗原です。紙やwebなど様々な媒体で取材・撮影・記事を制作しています。栗原のプロフィール facebook  twitter  mail  札幌良い住宅jp

 - WEB, 小ネタ