工務店のホームページ制作得意!北海道・札幌で年間12個

      2019/02/01

北海道住宅新聞社の社員として、2018年は、まだ未公開も含めて、札幌、帯広、旭川、北見、芽室、音更、小樽、秋田など12の住宅会社(工務店やハウスメーカーなど)のホームページ・ウェブサイトの制作を担当させていただきました。

住宅会社のサイト制作、得意です!

家を建てたい人は住宅会社の何を決め手としてその住宅会社を選ぶのか・・・。それを踏まえて文章や写真、動画、サイトデザインで表現しないと、住宅会社側が、面白くも参考にもならない抽象的な社長挨拶をウェブサイトで発信するようなことになりかねません。

住宅会社は家を建てるのが本業。社内にweb担当者がいるならまだしも、なかなか自社の魅力を世間に発信するという自社サイトを制作し運営するのは難しいです。

ウェブ制作会社はサイトを作るのが本業。いろんな業種のクライアントに対応する必要があるなか「住宅」というややヘビーなテーマのサイト運営のコツを身につけるのは容易ではありません。

どちらも「家を建てたい人が住宅会社の実力を把握するためのサイト」を創る意味でドストライクではないと思います。

そんな中で、住宅業界の専門紙を発行する北海道住宅新聞社は、住宅会社の実力と特長を見極める意味でも、日頃から取材撮影し写真と文章で表現しているという意味でも、そして
札幌の住宅会社選びのポータルサイト「札幌良い住宅」

そして全道規模の住宅会社選びサイトiezoom(いえズーム)

のほか、既に住宅会社サイトも数多く手がけてノウハウの集積もあるという意味でも適任だと思うわけです。

実際、どんなサイトを創ってきたか、2018年に制作させていただいたwebサイト、ホームページをご紹介します。

北海道帯広市の工務店・石井建設

石井建設さんのホームページ

石井建設さんは元大工さんが運営する工務店で、お客様の要望に丁寧に対応するため年3棟以上の新築住宅は受注しないというこだわりの注文住宅会社です。今まで口コミ中心で十分な受注を確保できてきたので、サイト制作には力を入れていなかったのですが、今建設中のお客様や、ご縁ができた方がサイトを訪れた際に、あまりにがっかりの内容では・・・ということでご相談いただきました。つまり新規受注のためというより、今ご縁のあるお客様に石井建設の取り組みを伝えるために、というサイト制作でした。宣伝より日々の仕事、今のお客さんを大切にする石井建設らしいご要望でした。石井建設の魅力をありのままに伝えるホームページ制作を心がけました。

北海道芽室町の工務店・カントリーヴィレッジ

カントリーヴィレッジ

カントリーヴィレッジの朝日社長は、ハウスメーカーでの経験、十勝2×4協会の活動を通じて、住宅のプランニングや住宅性能に関する高い知識、経験のある方で、十勝の中核都市帯広のハウスメーカーを退社して、より自然に溢れ、人と人との関わりも深い芽室町で工務店を創業した方です。2017年創業ですが、初年度から事業は順調に、忙しく進んでいますが、やはり今の時代、webサイトの充実は欠かせないし、カントリー、インダストリアル系のこだわりを全面に出した設計、施工力を発信していくためには、情報発信が欠かせないということで、住宅業界の専門紙でもあり、web制作にも長けている北海道住宅新聞社にご依頼いただきました。たとえばこのページ 納得の注文住宅を実現する30のポイントは、朝日社長に3時間ほどお話を伺った中で出てきた家づくりのポイントをまとめたものです。私がどのような質問をしても、わかりやすく回答いただける、そんな朝日社長の知識、気配り、対応力の高さがわかるページだと思います。朝日社長は外注先である当社にも、大変心配りをしてくれる方で、こういう人柄の人に家を建てて貰えたら、それだけで幸せだなと感じます。

北海道音更町の工務店・猪子建設


猪子建設

猪子建設さんは、まず何を置いても社長である猪子茂昭さんの真面目で優しい人柄、経験、そして笑顔が魅力的です。大工出身で住宅性能、品質に関する真摯な取り組みは息子さんで営業部長でもある猪子真治さんにも受け継がれています。しっかりした家づくりと会社経営を次の代にも受け継げる、大変貴重な工務店です。そのことを皆さんに伝えたくて 猪子建設の歩みと家づくりというページも設けました。OB施主さんにも数件お話を伺いましたが、猪子建設の丁寧な家づくりと相談しやすい雰囲気は大変喜ばれていました。大手ハウスメーカーの下請けをしていた時代もあって、だからこそ自社受注の工務店として、ハウスメーカー時代にはできなかったお客様の要望をしっかり家づくりに反映させる点を大事にできるのかなと感じます。

秋田県大仙市の工務店・村上工務店


村上工務店

大仙市の村上工務店さんは、札幌の三五工務店の企画住宅sococoを導入される勉強熱心さに北海道住宅新聞が取材に伺い、そのご縁でホームページリニューアルを担当させていただきました。積雪寒冷地秋田で、高断熱高気密に取り組んできた実績も素晴らしいですが、お客様にお話を伺うと、きっかけの多くは口コミで村上工務店のことを知って、打合せで村上社長の人柄や家作りを知って、お任せすることにしたというケースばかりでした。地域での信頼が軸になっているのだと思います。サイトリニューアルにあたっては、従来からの村上工務店の良さ、そしてデザイン、性能、価格、素材の魅力満載のsococoの良さの両方を伝えるサイトづくりを心がけました。

北海道北見市の工務店・光栄建設


光栄建設

光栄建設さんは北海道内でも特に寒さの厳しい北見で、高断熱高気密の住宅づくりを住宅団体SHS会のオホーツクエリアを牽引しながら推進してきた先代社長、そして現社長は地中熱ヒートポンプや太陽光発電、ペレットストーブ、床暖房など、断熱だけでなく創エネによって光熱費削減や環境負荷の低減にもチャレンジする勉強熱心な工務店です。公共工事や大規模なプラント施設の建設などでも実績が豊富な工務店なので、サイトリニューアルに際しても、会社の特長を書くだけでボリュームたっぷりになりました。住宅性能や地中熱ヒートポンプなどハード面で注目されることが多い住宅会社ですが、個人的には社長がお客様の家づくり全体の要望を受け止めて基本プランをつくり、その後は担当者が丁寧に細部の作り込みをしていくというカタチでお客様に良い注文住宅を納品するという方針がとても良いなと思っています。

北海道旭川市の工務店・アーケン


アーケン

アーケンさんは、元大工で、ハウスメーカーの設計・現場監督・営業経験もある藤原立人さんが設立した住宅会社です。大工出身で設計士でもある上に、住宅営業の経験もあるので、お客様の質問に全方位から回答できるというのも凄いし、何よりもお客様のライフスタイル、好みに強い関心を持って家づくりに没頭できる姿勢が最大の特長だと思います。また、着工前にお客様と大工さん、職人さんなど関係者が交流する食事会を設けて、大工さんたちはお客様の家に対する思いを受け止め、お客様も、顔の見える存在である大工さんたちにお任せするという心通う仕事の仕方を大事にしている点も、家づくりの満足度につながっている住宅会社です。キッチンのこと、おうちサロン起業のこと、庭のこと、ガレージのこと、熱帯魚のことなど、家づくりに思いのある、叶えたいものがある方は、アーケンさんとの打合せは最高に楽しいと思います。なんせ藤原社長もそういうことが大好きですから・・・。社長の次なるプロジェクトも始まっていまして、それをサイトでも発信していくために、まだまだこのサイトは未完成です。

北海道小樽市の工務店・江田建設


江田建設

小樽の江田建設さんは、とにかく住宅の基本性能(断熱・気密・換気・暖房)に対して勉強熱心。研究と実践を重ねる中で、その住宅性能に惚れ込んで、小樽だけでなく、札幌圏や後志などからも指名が入る工務店です。江田建設さんはパッシブ換気の実績、設計事務所とのコラボによるデザイン・プラン力の高い家づくりなども特筆すべき点です。4代目次期後継者江田清昭専務も新築・リフォーム両方の面で経験を積み重ねており、将来性もばっちりの工務店です。

高断熱高気密・無結露50年保証の「FPの家」の北海道グループ特設サイト「住宅の断熱・気密・結露を考える」


「FPの家」の北海道グループ特設サイト「住宅の断熱・気密・結露を考える」

北海道で高断熱・高気密住宅を牽引してきたグループの一つ、FPグループは、今では全国で家作りを行っていますが、原点はやはり、寒さ厳しい北海道です。現代の北海道では、高断熱・高気密は家作りでは当たり前、なんて思っている方も多いですが、実際は、寒くて結露や光熱費負担、そして10年20年でどんどん劣化していく住宅も建っているという現実があります。なぜ結露するのか?新築当初は暖かく省エネだった家が、なぜ寒くなるのか?壁の中に侵入した水蒸気が悪さをする?対抗策は?FPの家北海道グループの会員工務店は、この課題に真剣に向き合っています。とはいえ一般の方に理解していただくには、説明に時間も掛かります。そこで課題と原因、解決策をわかりやすくサイトにまとめました。

北海道札幌市の建築会社・北一タカハシ建設さんの寺社建築サイト

北一タカハシ建設の社寺建築サイト

以前は、北海道の神社仏閣は主に本州の宮大工が出張し建てていました。伝統的木造建築の風格、品質を求めるなら宮大工の腕が必要だからです。そんな中で、北海道・札幌の北一タカハシ建設は、宮大工を目指す若者を、棟梁の指導、そして働き安い職場環境・条件の強化によって育て、同時に、積雪寒冷地北海道で、冬のお寺内が暖かく省エネという、神社仏閣の高断熱高気密という今までに無かったノウハウも取り入れ、風格ある木造建築と、高断熱高気密を融合できる唯一無二の建築会社となっています。お寺の住職や檀家様が安心してお任せできる宮大工がいる住宅会社であることを写真や文章でお伝えるサイトです。

北海道札幌市の建築会社・北一タカハシ建設さんの住宅サイト


北一タカハシ建設さんの住宅サイト

北一タカハシ建設の社寺建築サイトに続き、住宅建設サイトも制作させていただきました。北一タカハシ建設は、伝統建築を造り維持保全する宮大工の力と、断熱・気密・換気・暖房という北海道の建築会社として重要なポイントを両立できる希有な建築会社で、社寺建築と和風の高断熱高気密住宅を建てています。1つの会社ですが、社寺建築と住宅では、クライアントも、取り組んでいる内容も異なりますので、2つのサイトを別途制作させていただきました。

北海道札幌市のハウスメーカー・晃和住宅さんのサイト

晃和住宅

晃和住宅さんは、自然素材を活かした家、モダン系の家、社内設計者のプラン、建築家のプランなど、いろんなタイプの家づくりが可能で、なおかつ、腕の良い大工が揃っているので、お客様の要望に応えた造作などの作り込みでも大変好評で、札幌はもちろんですが、ニセコや静内など札幌圏外からも家づくりの要望がたくさんくる住宅会社です。しかし旧サイトは、既に終了したイベントがトップページにずっと掲載されていたり、集客力の強い頁がほとんど無かったり、いろんな課題があり、検索上位表示されているページがほとんどありませんでした。見た目などのリニューアルだけでなく、ネット集客、お客様への伝わるメッセージをしっかり造るべきとご提案しました。

道北・下川町 キタクラフトさんのサイト

キタ・クラフト

下川町の工務店・キタ・クラフトさんは自然素材を生かしたオーダーのキッチンや家具、造作や、お客様のライフスタイルを重視した住まいのプランニング、積雪寒冷地に適した断熱・気密・換気を重視した省エネ住宅を得意とする工務店です。旧サイトもイラストを使ったりして見た目がとても良いサイトでしたが、metaタグが全頁同じ、縦写真を貼るとボケる、サイトを印刷するとアドレスがどばーっと出てくるなど突っ込み処が多く、抜本対策としてフルリニューアルさせていただきました。クライアント様のアイデアで、イラスト重視のサイトデザインにも取り組み、とても良い雰囲気のサイトになり、見た目も中味も充実したサイトに育てやすい状況を作れました。大急ぎのサイト制作でしたので、まだ道半ばです。この先数カ月でだいぶ変わる予定です。


さらに、北海道内の住宅会社選びポータルサイトiezoom(いえズーム)
も2018年3月に立ち上げたのを含めると年間で12のサイトを制作できました。iezoomも、50社ほどのハウスメーカー・工務店様の専用ページを作成し、さらに90近い家を建てたお客様体験談や、住宅会社取材記事、家づくりのノウハウ記事などもこの半年間で投入しました。

他にもメンテナンス、リニューアルで関わった住宅会社様のホームページもあり、昨年以前に担当させて頂いた住宅会社サイトの取材撮影もありましたし、10年前から運営している札幌良い住宅jpの更新もありましたので、なんやかんやと工務店ホームページ制作尽くしの一年だった気がします。

工務店向けサイト制作が得意な理由

上記は私が関わった住宅会社さんのホームページだけです。このほかに、当社の他のスタッフが関わった案件もあります。なぜこんなに多くの工務店・ハウスメーカー様からサイト制作の依頼をいただけるのかというと、

1 他のweb制作会社は、美容や飲食、役場や病院など、いろんな業態の会社サイトを作っている一方、北海道住宅新聞社は、日常業務として、住宅専門紙「北海道住宅新聞」の取材を通じて、住宅会社に特化した取材撮影、ホームページ制作を行っているので住宅会社の特長を踏まえた効果的な発信の仕方がわかる。

2 この10年間、札幌良い住宅jpで、毎週のように、家を建てた人のご自宅にお邪魔し、家を建てた経緯から重視した点、その工務店を選んだ理由などを写真と文章で紹介し続けてきた中で、どんな記事が家を建てたい人にとって有用で、アクセスが伸び、問合せに繋がるか、実践を通じて理解・体得してきた。

3 他の業態とは違う住宅会社特有の事情(社内の役割分担=営業さんや広報・社長など周辺の諸事情、顧客への気の使い方、サイト制作に割ける予算感、住宅業界人の言葉と一般の人へ伝える際の言葉の翻訳)なども踏まえて、サイト制作の段取りを円滑に進めることができる

4 住宅会社のホームページで取材撮影した内容を札幌良い住宅jpiezoomfacebook頁「北海道・札幌のハウスメーカー・工務店選び」 などsnsで拡散できる。

5 旭川、函館、帯広、室蘭、北見、釧路など道内各地への出張を苦にしないし、旭川や帯広の住宅会社web戦略の状況も把握しているのでどの程度やれば主要キーワードで上位表示できるかといった、事情も分かっている。

6 住宅会社サイト制作実績の十分あるweb技術者に、住宅会社向けに最適化された基本フォーマットを活用してもらうことでホームページ制作コストと行程を短縮し質のよいサイトを作れる。改良、カスタマイズも容易にできる。このようにしてサイト制作費自体はコストダウンしつつ、取材・撮影・執筆などに時間と金を投入できるので、結果、強いサイトができる。

7 cmsで各住宅会社が自力で更新できる。スマホ最適化、ssl認証、zeh対応など、きめ細かな対応ができる。

などの点が大きいと思います。

ついさきほど、工務店の社長からこんなお電話いただきました。

ホームページリニューアルしてから2カ月で、ホームページやiezoomの記事を見た人から、具体的な商談につながったお客さんが5件いて、初対面の段階からもう当社を評価してくれている感じの様子で話も進みやすい。こんなに反響あるのは会社創業以来初めてで、対応に追われているが凄く嬉しい。

ホームページ公開後の更新・メンテでも連携

また、サイト公開後も、各工務店・ハウスメーカーの経営者や広報担当は、日々のイベント告知や、近況報告、そしてネット集客力強化や会社の魅力発信のために行っていくブログ更新、アクセス解析と対策などの仕事があります。

ホームページだけでなく、チラシ制作やオープンハウス運営、営業ツール制作、さらには住宅会社の運営上、ハウスメーカーや工務店には、さまざまな新しい事(住宅の性能基準や新製品、補助金の活用、他社との差別化戦略など)やらなきゃならないことが次から次へと降りかかってきます。そういうことも含め北海道住宅新聞社に相談しやすいということで、当社にホームページ制作をご依頼いただけるんだろうと思います。

工務店はもっと上手にサイトを育てませんか?

3~5年でサイトを全面リニューアルを繰り返す住宅会社さんも結構います。でも根本的に強いコンテンツを作れていないからアクセスが増えなくて、仕方ないから見栄えのリニューアルでテコ入れしたつもりになっているけどやっぱりネット集客ができていないという残念なケースを良く見かけます。見た目だけ良くなってもそもそもの集客力が弱すぎるケースです。

それぞれのサイトに、大きな問題点があるのは一目瞭然なのに、サイト担当者の諸事情で大きな改善ができないとか、頼りになるサイト制作会社に出会えていないので、修正の依頼をしても良い対応をしてもらえないとか、修正の提案をしてくれないからどうしたらいいかわからないとかという問題がある住宅会社も多いです。当社から見ると、改善点はたくさん見えますし代行できます。

集客力が強いサイトを持った経験がないから、ホームページが凄い仕事をするということがピンときていないので、その他の広報手法(雑誌やチラシなど)に頼っていて、webの方は一向に改善できていないといったケースも多いです。特に札幌・旭川・帯広・函館など、ある程度の人口規模がある地域では、中途半端な努力では上位表示しません。やるからにはしっかり強いサイトを作って、勝ち抜いて、サイト制作にかけたコストも悠々と回収するのが賢いと思います。

2019年の住宅会社の情報発信頑張ります

2019年も、住宅会社の情報発信、もっと進めたいです。今は年末納品に向けていっぱいいっぱいですが、2019年の春まで、夏まで納品のようなホームページ・サイトのお仕事であれば、お引き受けできます。激戦区札幌はもちろん、旭川、帯広など中核都市でも検索上位表示させ、ネット集客からの住宅受注に繋げるための挑戦を2019年もバリバリやりたいです。

本当は、このサイトでもいろいろなジャンルのことを書いているのと同じく、住宅会社に限らず熱帯魚ショップや釣り堀やさんのサイト、まちおこしや移住、車、食や農に関するサイトなども個人的には取材撮影編集ができますし、ぜひやってみたいと思ってはおりますし大歓迎です。個人や会社、地域の魅力を写真と文章とサイトで発信するのが得意ですから・・・

また、今後は住宅会社だけでなく、その他業態のサイトもできますので、お問い合わせいただければ、何かお役に立てるかもしれません。即サイト制作を、という場合だけでなく、そもそもどういうサイトにすればどれだけ効果があるのか、費用や手間はどうかなどの相談も大歓迎です。よろしくお願いします。

 - 住宅, 札幌, WEB・ブログ, 小ネタ, ライター・編集・ブロガー, 北海道