メルカリとジモティーの使い勝手比較

   

以前、メルカリでエアープランツや水草を買ったときは、店で買うより、愛好家?セミプロレベルの人から買えたので大変お買い得で良品でもあり、大満足でした。しかもメルカリは検索も決済も配送も簡単。売り買いする両者の困り事やトラブル防止策も非常に良くてストレスなしでした。さすがに5年で技術者1000人に成長する会社。

今日、初めてジモティーを利用しました。ほしい物(水草育成用LED)を検索したら、該当する商品が近い順に表示され、私の家から5キロ位のところに住んでいる女性と、コンビニで三時間後に待ち合わせ、金と商品を交換して、お互いにレビュー書いて終了しました。

格安でモノも良し。ジモティー自体は全く金のやりとりに介入せず。手数料も掲載料もなし。まさに近所さん同士の物々交換をネット化した感じで、梱包しにくい、送料が高いものほどありがたい感じ。引っ越し、断捨離、趣味変更などで良いものが売りに出る。あっけないほど簡単で、中高年の利用者が多いのもわかる。

メルカリもジモティーも同じフリマアプリですが、全然使い勝手が違い、どっちも素晴らしく、棲み分けも出来ていて、明らかに利用者に価値を提供できている。もはやインフラ。

メルカリは取引相手が福岡でも仙台でも全く気にならない。ジモティーは、苫小牧に掘り出し物があっても近所の品を選んだりもあり距離が大事。若干、ジモティの方が自己責任感があってドキドキするが、話が早くて良いし。

 - モノ系, 地域課題, 小ネタ, ライター・編集・ブロガー