冬の札幌を歩いた!地下鉄南北&東西線ルートを

      2018/03/31

痩せたいから歩くぞ!

私。日頃は1日一キロも歩いているかどうか怪しい、運動不足の中年男性です。正月ボケと正月太りも加わり、新年早々危機感が募ってきました。

1月6日。今年は運動するぞと決意!でも急に走ったりするとアキレス腱を切ったり、ろくなことがなさそうなので、歩くことにしました。

しかも、生半可な気持ちでは、すぐに疲れて引き返してしまうだろうと思い「地下鉄の始発から終点まで歩く」という縛りを設定しました。

ところで結果的に今回のチャレンジは、札幌の地下鉄南北線を歩いて縦断するだけでなく東西線も横断しました。とはいえ、札幌という一つのマチを歩いただけでしょ?と思われるかもしれませんが、札幌市の大きさって

札幌市    1046.19平方km
東京都23区  616.69平方km

そう!東京23区よりもずっとデカいんです。大変さ加減、分かっていただけたでしょうか?しかも、雪が積もっている道を歩くんです。滑ります。寒いです。

この一番上から一番下まで。そして右から左までを2日で歩くというチャレンジです。

1日目 南北線を歩く~地下鉄麻生駅を11:15出発


2017年1月6日11時15分 私は今、地下鉄南北線の始発、麻生駅にいます。果たして新札幌まで歩いて行けるのか?不安です!


振り返ると札幌生活30年。今まで一番長く札幌市内を自分の足で移動したのは、真駒内をスタート&ゴールにした10キロマラソンか、それともススキノから酔っ払って北区新琴似の実家まで歩いた、あのどっちかです。今日はおそらく、過去最長のウォーキングになります。早速ですが2駅目の北34条には地下歩道があります。なかなか古い感じ・・・

はい!北34条に着きました。麻生駅から約1キロです。麻生駅に比べて乗降客の少ないマイナー駅。地下商店街などは空きテナントも目立つ寂しい駅です。
北24条駅まで来ました。バスターミナルがあり、周辺に飲食街もあるのでなかなか賑わっている駅です。
地下鉄駅の上にも飲食店や不動産やさんとかが入る商店街があります。30年くらい変わらない景色です。
北18条まで来ました。あれ?麻生からたった3駅で50分も掛かっています。
北12条駅に来ました。北大生などもよく利用する駅ですね。
登山とアウトドア専門店「秀岳荘」があります。ちょっと寄ってみると・・・スウェーデン直輸入の冬用ブーツ「icebug」が売っていました。靴底にスパイクピンが着いているので、街中がつるつるになる札幌だと、凄く良さそうです。ただ暖かさも十分っぽいので足、蒸れないかなとは思いましたが。
札幌駅といえばヨドバシカメラがありますね。つい寄ってしまいました。このカシオの電子キーボード。16000円位で、結構立派で、鍵盤を押した強さで音の大きさが若干変わるし、鍵盤が発光しているところを押すと曲が弾けちゃうという、楽しみながらピアノを覚えるエントリー用としてはなかなか良さそう・・・あ。脱線しました。ちなみに・・・
店内撮影okなんだそうで。

やっと札幌駅

札幌駅は、地下鉄、JR、バスターミナルもある札幌の交通の中心です。いずれ北海道新幹線も入ってきますし。大丸や地下街、そしてさきほどのヨドバシ、ホテルなどもあります。

雪道歩くより、足元が楽だしあったかいだろうということで、大通りまで地下歩行空間(チカホ)を歩きました。何らかに空気感染するリスクも感じつつ・・・。大道芸的なものも含め賑わっています。

大通りからススキノまでも地下街「ポールタウン」を歩きました。賑わっています。

はいススキノ駅。札幌で若者が飲み会に行く場合、ここで集合することが多いですね。

ススキノエリアは、ラーメン・中華・肉まんなど、飲食店もいっぱいあります。お腹が空いてきたので、見ない振りして通過しまして、ハイ中島公園駅です。

せっかくなので中島公園内を歩きました。
歩くスキーを楽しむ人に30人近くすれ違いました。札幌の街中ですが自然豊かで、ボートやジョギング、歩くスキー、そして札幌コンサートホール Kitaraもあります。

幌平橋まで来ました。結構疲れてきました。
豊平川を幌平橋で横断!ここから先は、かつては札幌ではなく、札幌の奥座敷と呼ばれたエリアです。
中の島駅。でこのあと平岸駅を撮影しわすれて・・・
南平岸駅。なんと地下鉄が地上に上がってきているという。もはや地下鉄ではない気が。平岸プールとか、飲食店とかもあるエリアです。ところでお腹が空いてきました・・・
空腹に耐えきれなくなり、なぜだかトリトンに入りました。さすがに痩せるためにウォーキングしているのに、こってりラーメンの老舗、純連が近くにあるからといってそれはダメですよね。ということで回転寿司。1300円分食べました。
澄川駅。このあたりは札幌大学にも近く。飲食、スーパーなど一通り揃う、私も結構好きなエリアです。ですが吹雪いてきたのです。前が見えない。もう足も疲れてきたし・・・。
自分の様子がドアに映っていたので思わずパシャリ。もう少しで雪だるまになりそうです。
澄川駅から自衛隊前駅まで、雪深いせいか、隣りが自衛隊しかないせいで、人通りも店も全く無いせいか、やけに遠い!実は少し上り坂にもなっていますし、距離も他の地下鉄駅間は1キロ前後なのに、ここは1・5キロくらいありました。ゴールは近いとはいえ、ここらへんで一回、心が折れそうになりました。

さらにきつかったのは自衛隊前⇒真駒内駅です。誰も歩行者居ません。五輪団地という公営住宅が建ち並ぶエリアなので、人がいそうなもんですが、人気がありません。寒くて、寂しくて、足が疲れていて、ただただ黙々と歩いて行きます。

終点真駒内駅に5時間かけて到着

遂に到着!札幌麻生駅から、真駒内駅まで歩いて約16キロ。約5時間。30年間札幌で暮らしてきて、今日が一番長く歩きました。ヤバかったです。でも楽しかった。家に帰って早速風呂に入り、しっかり寝ました。よく寝られました・・・

2日目 東西線を歩く~地下鉄宮の沢駅を翌日12時に出発

で次の日です。南北線の始発から終点まで歩いたら、次は、東西線にチャレンジしたくなるわけです。
こんどはこの地図で左端から右端まで行くルートです。

東西線の始発駅・宮の沢駅には、24時間駐車しても最大500円という駐車場があることがわかり、2日連続のウォーキングを開始しました。
さあ、宮の沢駅を出発します。

次の駅、発寒南駅に着きました。歩いて発寒南駅に着いたのは初めて。方向あっているのかちょっと不安でした。冒頭にも書きましたが札幌市は東京都23区よりもデカいですから、例えば南区に住んでいて中央区の職場で働いている、とか区内の学校に通っている人にとっては、北区や東区は、ほぼ行く機会もない、みたいなことが普通にあります。私は北区在住なので、清田区とか南区とか、西区とかは生活圏でもないし、仕事でも滅多に行かないのです。

琴似駅に着きました。札幌の場合、地下鉄駅でも賑わう、人通りの多い駅とそうでない駅があります。

かなり賑わっている地下鉄駅といえば⇒ 札幌・大通り・ススキノ・
まあまあ賑わっている地下鉄駅といえば⇒ 麻生・北24条・平岸・澄川・真駒内・琴似・白石・円山公園・新さっぽろ・福住・栄町

その他の地下鉄駅はそうでもない感じではないでしょうか。

琴似は札幌では古い町の一つで、JR駅やバスターミナルもありますし、デパート、タワーマンション、繁華街、飲食店も多いので人通りも多いです。そういえば、ここは宮の沢駅まで地下鉄が延伸した1999年までは、地下鉄の始発駅でしたね。

ここは札幌ペニーレーン24 PENNY LANE24 です。地元のバンドがライブするだけでなく、全国区のバンドなども来ます。私はMR.BIGのエリック・マーティンがソロアルバムを出した時に、プロモーションで一人で来札したときなどにここで見ました。この日は「ヤバいTシャツやさん」の案内チラシがあって、ちょっと気になりました。

24軒駅。古いマンションと一体化した地下鉄駅でなんか外国かな?的なアンティークな雰囲気ありました。

ここまでは人通りが少ないエリアも多かったのですが、東西線は、新札幌にまっすぐ向かうというより、札幌市内でも一番、高級感のある円山周辺に寄り道するようなコース設定になっていまして、西28丁目駅はその高級感あるエリアの一角です。

円山公園あたりは、さすがに正月。初詣客でごった返していました。北海道神宮があるからです。すれ違った女性が「いくら貢いだと思っているの?」とか言っていたのが妙に耳に残りました。

西18丁目駅。宮の沢駅からここまでで2時間歩きました。
そもそも私は、痩せたいから歩いているんです。しかし、昨日の南北線ではススキノあたりのラーメン屋。そして今日は美味しそうなパン屋さんが私の行く手を遮ります。とうとうパンを買ってしまいました。焼き鳥屋と同様、パン屋も「美味しそうな匂い」で客を吸い寄せていますよね・・・

西11丁目。なんか札幌の中心エリアに入った感じがします。大通公園では、自衛隊さんたちが札幌ゆきまつり用の雪の搬入や仮設工事をやっておりました。
ひやー。寒い中、自衛隊さんたちお疲れ様です。札幌の雪まつりは、自衛隊さんの雪像づくりナシには成り立ちません。札幌ゆきまつりは北海道ナンバーワンの観光イベント。それを支えるのは自衛隊。つまり北海道観光の中核を自衛隊は担っているとも言えるでしょうね。

西11丁目あたりからは地下道があります。非常に歩きやすいし暖かい。もう足腰もかなり痛いのでベンチに一度座ると30分くらいはあっという間です。
大通り周辺です。人通りが凄いです。
札幌市民にはおなじみ。地下街「オーロラタウン」にある小鳥の広場です。
インコいっぱいいますから、小さな子はみんな釘付けです。

バスセンター前駅です。バスセンター駅の地下歩道10番出口は、東5丁目にあって、かなり東側まで地下道を歩けるという非常にありがたい!

豊平川を通過しました。ソリ遊びしている親子がいました。ちょうど良い坂ですね。夏はジョギングの人もいっぱいいますね。

菊水駅。なんかそっけない駅でした。

東札幌に向かう途中に、360度の遊歩道がありました。広角レンズを持って行けば丸く撮影できましたが、スマホなので・・・

東札幌には、イーアス札幌という大きなショッピングモールもあります。コメダ珈琲もあります。ところでこのウォーキング、歩きながらスマホで撮影して、都度FACEBOOKに載せていたら、東札幌のあるお店の店主さんから「珈琲淹れて待っているから寄って」とメッセージいただきまして・・・

東札幌にある、OCOGEというこだわりのお米屋さん。https://www.facebook.com/ocoge.rice/
以前、お米かって食べたらとてつもなく美味しくて・・・。佐藤店長の淹れてくれた珈琲が全身に染み渡ります。とはいえお米やさんで売っている商品はお米。この先の道中、米を持って歩くわけには行きません。ということで佐藤店長もウォーキング好きとのことで、散歩談義に花を咲かせて、退散しました。なおここから先、白石や大谷地あたり、多少の高低差があるよというアドバイスもいただきました。かなり休憩させていただいて、またこの先頑張れそうな感じになってきました。

暗くなってきたので先を急ぎます。お菓子屋さん、きのとやのイルミネーションで少し癒やされます。

白石駅。ここもバスターミナルがあり、環状通もあり、賑わっている地下鉄駅です。

南郷七丁目駅。ここは出口がいくつかあって、この出口からかなり歩いたのにまた南郷7丁目駅出口があったりして、なんか道に迷った感があって慌てました。

南郷13丁目駅。もう結構真っ暗。しかも疲れた。

南郷18丁目駅。ヘトヘトです。

お腹もすごく空いたので、駆け込むように丸亀製麺に突入。かになんとかうどんを食べました。涙でそうなほど美味しい!美味しさを決めるのは食材のこだわりでも、料理人の腕でもないね!腹減っているかどうかが一番重要だ!と痛感しました。

大谷地駅。もう無言出歩いています。南北線ならもう着いている距離です。東西線長すぎる!

ひばりが丘駅。もうふらふらです。実はこの先、アイスバーンの所で私は転倒しました。頭を少し打って、慌てて歩道まで戻り、5分位、道ばたで座って、頭の痛みやらなんかぼんやりした感じに耐えました。疲れていなくても、冬のホワイトアイスバーンは危険です。歩道というより、車が通る横断歩道がつるつるになっているんです。非常に危ない。

遂に東西線19キロ横断7時間!

ついに新さっぽろ駅に到着!真っ暗です。19:24分。つまりやく7時間半歩きました。

感想

1日目 南北線(麻生から真駒内)15キロを5時間ウォーキング
2日目 東西線(宮の沢から新札幌)19キロを7時間ウォーキング

遂に歩き切りました。冬道はそろそろあるくせいか、腰や足、股関節が疲れました。2日で34キロはかなり大変でした。走るわけじゃなくて歩くんだから大丈夫だろうと思ってスタートしましたが、2日で12時間も歩いたので、疲労度はかなりでした。翌朝、起きると、下半身の全てのカ所と腰が、きめ細かく筋肉痛になっていました。また、顔が雪焼けで真っ赤になり、ほてっていました。最後に1回、豪快に転倒したので頭と首も痛くて。

札幌の地下鉄駅は、ほかに東豊線もあります。13キロと小ぶりのルートですが、今の私にはなかなかヤバいです。東豊線を翌日、そしてさらにJRの学園都市線で小樽へ?とか思わなくもありませんでしたが、翌朝のコンディションを踏まえると、怪我しないように自粛したほうが良さそうでした。

ということで、痩せたかどうかわかりませんが、運動不足解消&基礎代謝アップ&正月呆け解消には役だったと思います。また札幌市内の知らない景色、お店、小さな露地、そして冬の季節感などいろいろな発見もありました。楽しかったです。またいつか札幌横断ウォーキングやります!

札幌おすすめ記事

札幌のオヤジが通ううまい食堂リスト

札幌に移住・引っ越す人へ~札幌在住30年の私から…

熱帯魚屋が少ない北海道・札幌で「アクアフレンド北水」の価値・・

札幌のオススメ釣り堀りは札幌市清田の「林中つりぼり」!

歩いてみた!札幌地下鉄南北線&東西線ルートを縦断&横断!

札幌の工務店ベスト10【2017年版】

札幌でライター募集!

札幌の民営動物園、ノースサファリサッポロが日本一危険?ヤバい?本当は?

「白い恋人パーク」の悲劇。白い恋人パークに潜む罠・・・

栗原
北海道・札幌の編集者・ライター栗原です。紙やwebなど様々な媒体で取材・撮影・記事を制作しています。栗原のプロフィール facebook  twitter  mail  札幌良い住宅jp

 - 札幌, 小ネタ