「 余市町 ブルーベリーの丘くりはら 」 一覧

ブルーベリーの丘くりはらは1993年に栗原光朗が脱サラで始めたブルーベリー観光農園です。中山間地の里山を大切にしながら、農薬を使わず、気持ちの良い観光果樹園を目指しています。

札幌駅前から車で高速道路で余市ICまで54キロ。毎年7月中旬から8月中旬にオープン。約1200本のブルーベリーと大きな栗の木、丘の上のハンモック、豊かな自然と海の眺めが特長です。

はじめての方はまずブルーベリーの丘くりはら公式案内をお読みください。

札幌近郊のブルーベリー観光農園を8軒訪問レポート

札幌周辺で楽しめる、果物狩り観光農園は、イチゴ、さくらんぼ、リンゴ、ナシ、ハスカ ...

北海道余市町 ブルーベリーの丘くりはら 公式案内

ブルーベリーの丘くりはらは、余市町のブルーベリー観光農園です。札幌駅前→高速道路 ...

20年ぶりに会った友人にばったり遭遇 ブルーベリーの丘くりはらで

高3の時に同期生で、 感じのイイヤツだったせいか、 昼休みには必ず一緒に飯食って ...

余市・ブルーベリー観光農園、ブルーベリーの丘くりはらの2017年は7月15日あたりを予定!

ブルーベリーの花です。 電電公社で土木作業員を長年勤め、NTT・民営化の波で講師 ...

札幌近郊、余市町の観光農園ブルーベリーの丘くりはらの魅力

札幌市内にも南の方には観光果樹園があります。 しかし何と言っても札幌近郊の果樹園 ...